「情報教育実践研修会2019」の開催について


 新しい学習指導要領では、情報活用能力が学習の基盤となる資質・能力として位置づけられました。
 この能力を高めるためには、様々な教科の学習において情報の収集・編集・発信・省察といった学習過程の改善が必要となります。また、ルーブリックの活用やパフォーマンス評価などの評価の充実も求められます。そこで、熊本大学教職大学院では、現職の先生方を対象にした実践研修会を企画しました。
 詳細ならびに申込み方法については、下記からチラシをダウンロードしてください。チラシ裏面の申込み方法を読んで、各回ごとに事前にお申し込みください。

「情報教育実践研修会2019」チラシは下記からダウンロードしてください。