学部長から学生あて年末年始の新型コロナウイルス感染症対策等について


自分・家族・大切な人の命を守るために!
 
年末年始の新型コロナウイルス感染症対策 
1. 感染者が多い地域への移動を自粛する。
2. 年末年始の帰省については、感染リスクが危惧される場合は自粛する。
3. クリスマス・年末年始の会食については、接触の可能性が高い形式では実施しない。止むを得ず実施する場合も、5人未満、1席ずつ空ける、食べながら会話をしない、会話をするときはマスク着用、遅くまで飲み歩かない、体調が悪いときは参加しない。
4. 接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店、感染防止対策を実施していない店舗(とくにホストクラブ、キャバクラ、ガールズバーなど)でのアルバイトは避ける。

 
基本的な感染予防対策
1. 症状がなくても普段からマスクを着用
2. 頻回な手洗い、手指消毒の徹底、帰宅時のうがい
3. 不要な外出を避ける
4. 4密の徹底回避
1) 密閉;最低1回5分以上の換気を1時間に2回以上。窓は2か所開ける。
2) 密集;他者との距離は2m以上とる、テーブルは互い違いに座る、一つ飛ばしに座る、エレベーターでは
  なく階段を使う
3) 密接;十分な距離をとり、マスクを着用し、大声で話さない。長時間の大人数での会食等は避ける
4)秘密;熱などの体調不良を秘密にしない 
 
症状がある場合!
 熱、咳等の風邪症状が出ている場合は、登校せず自宅で経過観察。
 息苦しさや強いだるさ、高熱等のいずれかがある、熱や咳などの比較的軽い風邪症状が続く場合は、新型コロナ受診相談窓口またはかかりつけ医に電話で相談。
 状況を担当教員へメール等で報告。