熊本大学教職大学院情報教育研修会が2021年デジタル社会推進賞デジタル大臣賞「銀賞」を受賞


 「デジタル社会推進賞」は、デジタル庁が推進する社会全体のデジタル化、「人に優しいデジタル化」への関心を高めるべく、10月10日、11日の「デジタルの日」に合わせて優れた取組を取り上げ表彰するもので、デジタル大臣が表彰する初の表彰です。
 本研修会は、学校教員を主な対象とした研修会で、コロナ禍を機に参加者が全国に広まりつつあり、児童生徒の情報活用能力を育成する力を高める取組として高く評価されたものです。
デジタル庁のウェブサイト

情報教育研修会

情報教育研修会2019

 熊本大学教職大学院情報教育研修会は、県内の学校教員を主な対象として、児童生徒の情報活用能力を育成する力を高めることを目的として、ほぼ月1回のペースで開催されています。研修内容は、教育現場のニーズを踏まえ、プログラミング入門、学習支援ツールの活用、STEAM教育、GIGAスクールマネジメント等と多岐に亘っています。令和元年度は、阿蘇地域や天草地域での開催を含め、対面による研修を計11回実施しました。令和2年度は、コロナ禍による休校に対応し、全国に先駆けて実施した4・5月の研修会「遠隔授業で何ができるか」を始め、オンラインで9回、対面で1回の研修を実施しました。オンライン研修には全国から参加があり、参加者数は延べ1,238名、各回平均137.6名に上っています。令和3年度も、8月までに5回のオンライン研修会を開催し、参加者数は延べ742名、各回平均148.4名となっています。