アクセシビリティ


アクセシビリティへの取り組み

誰にとっても明快で簡単に使えるウェブサイトを構築するために、インターネットを利用する「異なる」人々の知識と理解を生かしました。

バリデーション

私たちは W3C によって提示されたとおりに HTML 5 と CSS を使いました。これは、ユーザビリティとアクセシビリティは確かな基盤の上に構築されるべきものと考えるからです。

私たちは WCAG1.0 に則して評価されるAAアクセシビリティを達成するようにも努めます。 とはいえ、WCAG のいくつかの評価項目が主観的であることも理解しています。ですから、私たちはきちんと基準を満たしていると確信していますが、解釈が異なることがあるかもしれません。