教員紹介

「生涯協働し、学び合い続ける」教員の養成

○三つの重点領域(授業実践開発、生徒指導・教育相談、学級経営・学校経営)
○研究者教員と実務家教員、現職教員学生と学部新卒学生の相互刺激
○それぞれの教職経験や研修ニーズに応じた力量形成・資質涵養

八幡英幸研究科長 熊本大学の教職大学院は、学校現場や教育委員会との密接な連携に基づき、高度専門的職業人としての教員に必要とされる教育実践力を総合的・統合的に養うことを目指しています。私たちが理論と実践の往還を通して表現しようとするのは、「研究力」「開発力」に支えられた「授業力」「生徒指導力」「経営力」の要請であり、「チーム学校」での協働を支える人間的魅力、協調性、意欲の涵養です。

 現職教員学生と学部新卒学生が相互に刺激し合いながら、よりよい実践を目指して学び合う場を創出するとともに、教育実践研究などにおいて個に応じた指導を行うことにより、それぞれの教職経験や研修ニーズに応じた力量形成を行いたいと考えています。
 九州地区、特に熊本県・市の教育をリードする教員を目指す方のご入学をお待ちしております。